海と公園と、Jeepがある街、西葛西

葛飾区の正規ディ-ラ-(ジープ城東)が(ジープ江戸川)としてグランドオープン!新コ-ポレ-ト・アイデンティティ導入店舗で、JEEPのテ-マカラ-であるブラックとウッドアクセントの外壁、そしてシルバ-の「 Jeep® 」のサインが際立つプレミアム感のある佇まいとなっております。

カテゴリ: Staff Blog

こんにちは、若いころは

どんな車に乗っているか

ということがステータスで

それだけでモテました、菊池です笑

さて、そんな昔ばなしは置いておきまして、

今こんな時期だからこそ

【車で移動する】ということが

リスクを避ける事にもなっていると思います。

都心のお客様ですと、日ごろあまり

車を使う機会が少ないと認識しています。

実はしばらく車に乗っていなかったり、

これからしばらくは車を使わざるを得ない

そんなお客様へ

ジープ江戸川は引きつづき営業をしております。

バッテリーの交換や、日常点検など

お車をお使いいただく上でのご心配事等

できるご対応はしっかりとご対応いたします。

ご不安材料などございましたら、

ご相談だけでもかまいませんので

ジープ江戸川までご連絡くださいませ。

 

ジープ江戸川サービス 03-5878-0937

こんにちは、3度の飯より

プロテインか石原さとみが好きな佐々木です。

もちろんラングラーも好きですが。

さて、本日は五十嵐さんが

おかしなお菓子をたべていましたので

クローズアップ佐々木しました。

ふつうにうまい棒のようなんですが・・・

よく見ると・・・

あれ?こんな味あったんですか

といったところです。

五十嵐さんの出身地、田舎茨城県の限定商品でしょうか??

さらに不可思議なのは

いつもの【空洞がありません】

※特別な許可をとらずに開封しています笑

 

 

五十嵐さん一見いい人そうなんですが

こういうところが佐々木にはよくわかりません。

はい。

 


こんにちは、本日は泣く子も黙る

「バレンタインデー」です。

今日だけは受注よりも他に欲しいものがある佐々木です。

 

さて、そんな記念すべき日に

五十嵐さんがインスタグラムを知らないという事実が

判明いたしました。これはさすがにマズいので

江戸川店の若者として、インスタグラムを始めたいと思います。

是非たくさんの方からの

チョコレートをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。


こんにちは!!

メカニックの山口です。

皆さんジープウェイブというカルチャーをご存知ですか??
jeeper-waving-to-jeep-wranglerth


Jeepドライバー同士がすれ違いざまに手をあげ挨拶するというカルチャーです!
ジープウェイブの起源には色々な説があり、何が起源なのか確証はありませんが、いくつかの説を紹介させていただきます。

第二次大戦の頃兵士同士がすれ違いざまに手を上げ挨拶を交わしたという説

第二次大戦後退役軍人の方々がお互いの軍役経験を確認するための合図として始まったという説

一般のJeepドライバー同士がアウトドア好きの仲間意識で自然と始まったという説
thAD57U1VW

どれにしろ素敵なカルチャーですね!
古いJeepには新しいJeepから手を上げる、カスタムされたJeepにはノーマルのJeepから手を上げるといった年功序列のような伝統もあるようですが、挨拶のようなものなので気づいたほうからしてみましょう!
Jeepで走る事ををまた一つ楽しくしてくれそうですね!!
私自身もXJ Chrokeeに乗っているJeepオーナーです。
どちらかといえば古いJeepですが、Jeepを見かけたら私からジープウェイブしますので皆さんもジープウェイブしてくださいね!!
thLPECBXWQ

ハッピーでワイルドな Jeep Life 楽しみましょう!!!!

ジープ江戸川店でございます。

アメリカグリルメーカー Weber様より
世界初!エクサイティングな体験型BBQパークの
オープニングセレモニーへご招待を頂き、アクアシティお台場へ

IMG_0789

IMG_0799

BBQへの情熱が伝わってくるオープニングセレモニー後に
数々の美味しい食べ物を頂きました。
食べる事に夢中になり、写真を撮り忘れてしまった料理も・・・

IMG_0787

IMG_0790

IMG_0792

IMG_0800

IMG_0796

綺麗な夜景を前に、一味違うBBQを体験できますので是非、ご利用下さい!

ちなみに・・・何故BBQパークへ?と疑問に感じ方々へ
実は、只今Weber様とのコラボレーションを計画中でございますので
改めてご報告ブログを掲載させて頂きます!
IMG_0793


このページのトップヘ