海と公園と、Jeepがある街、西葛西

葛飾区の正規ディ-ラ-(ジープ城東)が(ジープ江戸川)としてグランドオープン!新コ-ポレ-ト・アイデンティティ導入店舗で、JEEPのテ-マカラ-であるブラックとウッドアクセントの外壁、そしてシルバ-の「 Jeep® 」のサインが際立つプレミアム感のある佇まいとなっております。

カテゴリ: サービス

こんにちは!
こんばんは!

サービスアドバイザーの山口です。


タイトル通り
冬でも『オーバーヒート』の注意が必要です。
オーバーヒートって?


エンジンは数多くの金属部品の動作によって成り立っています。
そんな金属が動き続けると、当然摩擦による発熱が生じます。

そんな熱を抑えるのが「冷却水」です。

エンジンの回転運動を利用してベルトが回転し、ウォーターポンプを駆動し
エンジン内部や車内へ冷却水を循環させます。

この水の通り道であるホース部分、くみ上げるポンプ部分から
水が漏れてしまうと、エンジンの発熱を抑えることができずオーバーヒート。。。
メーターが赤く光ってしまったり、水温計の針が振り切ってしまいます。

つまり、エンジンブローへの一歩手前になってしまいます。




また、冷却系統に不具合がでると
暖房にも不具合が出るので

寒い車内になってしまいます
最近の寒さのなか暖房が効かないのは。。。。







想像するだけでも恐ろしいですね 






冬はゴム部品が硬化してしまい、古いゴムホースは亀裂が入りやすくなってしまいます。
IMG_5462


ウォーターポンプも劣化してくるとこのように

水漏れが発生してしまいます

IMG_5465

白い跡が冷却水が漏れた痕跡です。







こうなってしまう前に早期点検が必要ですので
洗車ついでにぜひ遊びに来てください。




新年早々、寒い日が続きます。


車によって異なる事もございますが、

ブレーキ鳴き等の問合せはよく有ります。

ブレーキパットの摩耗、パットとローターのあたり具合等、

パットの材質等でも鳴きやすくなっている様です。

状況に応じた対応になります。

・ブレーキ鳴き止め剤の使用

・ブレーキパット面取り

・ブレーキパット、ローター交換

ご相談ください。

IMG_5350


*その他、整備等もご相談下さい。






どうも、メカニックの下出です。


最近、トラックホークの整備をしたので少しだけ紹介します。


まずはエンジン。

ヘルキャットに載っかてんのと同じなんですよー

迫力のエンジン音とスーパーチャージャーの吸気音が堪らないですよー
IMG_5004

次にブレーキ。

約100km/hから停止までを約35mの距離で止まるみたいなんで、

普通のよりも大型化されていて、写真では伝わりづらいですが、

この大きさでリアブレーキなんですよ

IMG_4999

じゃあ、フロント側は?

はい。むちゃくちゃデカイです。

IMG_5000

ディスクの部分なんかもトラックホーク用だったりします。



そして今なんと江戸川店のショールームで展示されております。


この迫力、是非おこしになって体感してみて下さい。

こんにちわ。メカニックの田中です。

今回はパート1としまして診断機を一つ簡単に紹介します。

最近Newモデルになったタイヤプレッシャーモニタのアナライザです。
IMG_4774

タイヤプレッシャーモニタ装着車のタイヤの内部には一つ一つセンサーが入っていて、

それぞれを識別する為に固有のコードがあります。

そのコードをタイヤの外側からでも読み取る事ができる診断機を

TPM(タイヤプレッシャーモニタ)アナライザーといいます。

一ヶ所だいたい2秒ぐらいで読み取る事ができます。

読み取れる内容としては

識別コード、空気圧、周波数、温度等があります。

おもにタイヤを履き替えた時や故障診断の時に使用しています。

IMG_4776

お客様のお車に不具合等が発生した場合には

色々な診断機を駆使して対処させて頂きますので

今後ともよろしくお願い致します。





こんばんは

ジープ江戸川 サービスの山口です

最近雨が多くなってきましたね。。
皆さまのお車のワイパーブレードの摩耗はいかがでしょうか?
ゴムは時間が経過すると使用しなくても劣化してしまいます。
放置してしまうと雨天時の水はけの不良や、ゴムが切れてしまうと最悪ガラスに
傷をつけてしまうことになります

IMG_4617



IMG_4618


定期的なワイパー交換おすすめ致します
作業時間もわずか5分でご案内できますので
洗車ついでにぜひお越しください

お問い合わせをお待ちしております!!

このページのトップヘ