ご無沙汰しておりました。アメ車バカです。

今日は私の非常につまらないこだわりをご紹介しますので、暫しお付き合いを。。。

タイトルにも書いた通り、アメ車に乗るなら『衣食住』もアメリカモノにこだわるというバカげたものであります('A`)

とは言っても、ここはコテコテのニッポン・・・
中でも『住』については、ガレージ付きの家を買える訳もなく、せめて『衣』と『食』くらいはアメリカでありたいと日々考えております。

『食』については、以前もBlogに載せたようにアメリカンフード(いわゆるジャンクフード)は相変わらず大好きで、たまーに体を痛めつけるかのごとく、食してたりはするのですが、、本場のアメリカ人が逆に日本食をこぞって食すようになってきたここ最近。。。
うーーーん体のことも少しは考えなくてはなぁ…と思い始めてしまった今日この頃・・・・・・

残る『衣』については、少々お金を出せばこだわりの一品を購入出来るので、これはイケるぞ!と、最近オークション等でレアなアメリカモノを探しております。
そんな中で見つけたお気に入りの逸品を今回は紹介いたします。

ご紹介するのは こだわりの『チノパン』 です。
最近のアメリカブランドは他国に生産を出しているところがほとんどで、アメリカのブランドであっても、タグには『Made in アジアの国々』というものが多く見受けられます。
全ての工程をアメリカで行っているものは本当に少なくなってしまい悲しい限りです Σ(´ω`;)ショック・・・

そこで、今日ご紹介するのは、完全なるUSメイド(純アメリカ製)のチノパンです。
『grown & sewn』(グロウン & ソーン)というブランドのものになります!!
grown&sewn

ここの創設者は元々ラルフローレンのメンズ部門シニアデザインディレクターをしていた人で、ここのコレクションは縫製もアメリカ国内で行っており、さらには使用されている生地やパーツなどもすべてアメリカ製にこだわり生産をしています。 USA!USA!ヽ(゚∀゚)ノ 

ただのMade in USAというだけではなく、そのデザインについても秀逸なのです!
私も数々のチノパンを履いてきましたが、ここのチノパンはとにかく断トツで、一度履くと他のチノパンは履けなくなるほどです。


『grown & sewn』の代表的な4モデル

・ 
LEGEND       絶妙なラインで太過ぎず細過ぎず 『grown & sewn』の代表的なモデル           
・ INDEPENDENT  LEGEND”のワタリから裾にかけてラインを細身にしたタイプ 絶妙なフィット感

・ FOUNDATION    LEGEND”のシルエットを少し緩くしたタイプ よりストレートに近い

・ 
LINCOLN                  今流行りのSkinnyタイプ かなり細身のスリムフィット

ただ値段が高いのが玉にきず・・・
最近国内でも安いところが出てきましたが、それでもまだ1万6千円くらいはするのです。
日本に入り始めの頃は、2万5千円くらいしたので、ちょっと勇気がいりますよね・・・

先日も、eBayという世界最大のオークションサイトで、
『grown & sewn』の今持っている”LEGEND”ではなく、”FOUNDATION”が出品されていて、しかも夢の25$スタートだったのでもちろん即入札 
まだ、ラルフローレンほど知名度が無いせいか、そのまま私一人で終了! 
落札と相成りました ピース!(v^-^v) ピース!

仲介手数料、米国内、国際送料、関税含めても7千円くらいと驚くほど安く入手出来て、商品の到着を首を長ーくしていたのですが、ひとつだけ不安材料が・・・
今履いている”LEGEND”よりワンサイズ小さいものだったということ…
ただ、”LEGEND”ではウエストに若干の余裕があったので、ワンサイズ下でもイケるだろうと、、かすかな期待を込めて商品到着を待ちました。。。

いざ、商品到着!恐る恐る足を通すと、うーーーんさすが
Made in USA!!いい感じ・・・
うん?むむむ ウエストまでいった時に現実を思い知らされることに (汗)
きっ、、キツイ…  お腹を引っ込めて何とかボタンは留めたけど、、これは世に言う 『ぱっつんぱっつん』 というやつではなかろうか 
ヽ(ー_ー )ノ マイッタヨ

Made in USAをビシッと履きこなす日はいつになるのでしょうか..........
体を服に合わせる努力をするか、体に合う服を買うか…これは難問だ ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
あ~~10本くらい揃えて、毎日アメリカに包まれていたい 
!Σ( ̄□ ̄;) アホやね